観光案内:名古屋城までは車で3分という便利なアクセス。名古屋観光は葵ホテルを拠点に

観光施設のご案内

戦後の復興を見届けた名古屋のシンボル「名古屋城」…ホテルから車で約3分

名古屋城

〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1-1

開園時間:9:00〜16:30(閉門17:00)年中無休
料金:大人500円、小中学生100円

問い合わせ先:名古屋城管理事務所 052-231-1700
アクセス: 地下鉄名城線「市役所駅」7番出口から徒歩5分

徳川家康が江戸幕府の安泰のために、東海道の要所として、また大坂方への備えとして築城。その後、明治維新までの約250年間、徳川御三家の筆頭である尾張徳川家の居城として栄えた。天守閣の屋根を飾る金のシャチホコが有名。

http://www.nagoyajo.naka.nagoya.jp/

平成14年度には「名古屋市都市景観賞」を受賞。歴史と文化に触れ合う「ノリタケの森」

ノリタケの森

〒451-8501 愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36 TEL(052)561-7290

開館時間:10:00〜17:00 入館料:大人及び学生 500円 / 高校生 300円

アクセス:JR名古屋駅 / 名鉄名古屋駅 / 近鉄名古屋駅 ―→ 徒歩15分
地下鉄 東山線 亀島駅2番出口 ―→ 徒歩5分

東名高速自動車道―名古屋高速―名古屋高速都心環状線、錦橋出口後左折

名古屋市中心部の約48,000m2という広大な敷地に、文化と出会う【カルチャーゾーン】、暮らしを楽しむ【コマーシャルゾーン】、歴史を感じる【ヒストリカルゾーン】という3つゾーンを配し、豊かな緑が全体を包みこんでいます。(ノリタケの森ホームページより)

http://www.noritake.co.jp/mori/index.html

名古屋の中心、文化と商業が行き交う流行発信地「ミッドランドスクエア」

ミッドランドスクエア

〒450-6290 名古屋市中村区名駅四丁目7番1号

快適設備を多彩に備えた、雄大なスケールを誇る名古屋駅の新しい顔。
公共交通機関が集中する広域交通ターミナルで、一日乗降客数が100万人を超える名古屋。その中心に建つミッドランド スクエアは県外・海外から訪れた人々にもインパクトを与える壮観な姿。5層吹き抜けのアトリウムや日本一の高さを誇る屋外展望施設の他、街とつながる歩行者ネットワークなども整備され、JRセントラルタワーズ、名古屋ルーセントタワー、モード学園スパイラルタワーズと共に名古屋駅周辺の賑わいを形成します。(ミッドランドスクエアホームページより)

http://www.midland-square.jp/

名古屋市科学館

名古屋市科学館

プラネタリウムなどの天文館、理工館、生命館の3館で構成されており科学について幅広く楽しく学べる施設。

名古屋港水族館

名古屋港水族館

全国でもトップに入るクラスの水族館。南極に関する展示も多く、大人も子どもも幅広く楽しめる。

東山動植物園

東山動植物園

動物園と植物園が併設されており自然を様々な分野で感じ取ることができる。白川郷の合掌造りの展示も目玉。

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

繊維機械館、金属加工技術の実演コーナー、自動車館、テクノランドなど幅広くモノづくりの素晴らしさを展示。

ノリタケの森

ノリタケの森

世界ブランドノリタケの最高級食器を展示。クラフトセンターやギャラリーなどもあり森の景観には安らぎを得る。

名古屋城

名古屋城

金のシャチホコで有名な名古屋城は名古屋のビジネスホテル葵ホテルから車で3分という便利なアクセス。

徳川美術館

徳川美術館

公益財団法人徳川黎明会が運営する私立美術館で、尾張徳川家の歴代相伝の重宝など国宝級のものが展示されている。

名古屋テレビ塔

名古屋テレビ塔

栄駅すぐの名古屋の代表的シンボル。夜間にはライトアップされカップルにも人気のスポットとなっている。

名古屋市美術館

名古屋市美術館

名古屋市の中心部にある美術館で黒川紀章の独特の建築が有名。モディリアーニの 「おさげ髪の少女」 所蔵。

名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館

米国ボストン美術館の姉妹館であり、1999年開館。伝統あるボストン美術館と提携し質の高い美術を紹介する施設。

名古屋のビジネスホテル 葵ホテル:名古屋市西区上名古屋2丁目23番4号、TEL.052-528-0061、電話の受付時間(7:00〜24:00)、チェックイン/16:00〜23:00 チェックアウト/〜10:00